小学生コース STEP2 I’m happy!

STEP2クラスでは、
Q:How are you?
に対する返答として
A:I’m happy. I’m angry. I’m sad. I’m scared.
を学習。

導入:happyって何?angryって何?

大人ならば、How are you?と聞かれて I’m fine.とさらっと返ってくるところですが、STEP2の子にとっては、そもそもHow are you?って?という状態。常にfineというわけでもなく、いろんな返答があることを、漠然としたもので良いのでインプット。How are you?に対しての返答という意識ではなく、happy, angry, sad, scaredがどんな意味を持つ単語かふんわりと感じてもらえたらそれで十分。
happyって…?angryって…?それをイメージしやすい写真をみんなで見ていきます。

次はどんな写真?興味深々にのぞき込む子供たち。良い表情!

何パターンか用意してあるので、happy,angry,sad scaredのいろんな表情の写真に対して「かわいい~」「笑!!」など大きなリアクション。用意した側(私)としては期待以上の反応に満足です。

テキスト:文字を意識

必須単語:happy, angry, sad, scaredをほんわりと理解したら、続いては文字を意識。文字はまだまだ読めません。だからと言ってテキスト記載の文字を無視するのはもったいない!
年齢が低くても、文字をとらえる力はきちんとあるんです。

大事な箇所に色を塗る作業。何がポイントか感じた子は、私の指示を待たずにどんどん色を塗っていきます。

復習:自宅での取り組みで差が出る!

導入の翌週。
テキストは使わずに、絵カードを使って歌を歌えるかチャレンジしてみました。
テキストを使用するよりも歌いやすくなります。
歌いやすくはなります、が、やはり自宅できちんと練習してきたかによって確実に歌えるか否か、結果は顕著。日頃の練習はちょっとめんどくさい…そんな気持ち分かります…。
しかし1週間に1度、みんなの前でばっちり言えちゃう自分を誇りに感じる、そんな時間を持てることが習慣化されるとステキだなと思います。

Q:How are you?→A:I’m~.を言ってみよう

覚えたいフレーズは楽しい活動の中で自然とインプットされるのが理想。
楽しいと思う気持ちがあれば、同じフレーズを何度繰り返し言ってもまったく飽きません。
覚えにくいフレーズも頑張って言いたくなる!間違いやすいフレーズも、自然と修正されます。

オリジナルの活動。言うならば神経衰弱?ちょっと違いますが。必要なフレーズをたくさん口にする機会のあるシンプルな活動です。

ワークブック

みんなで楽しむ時間から一転。ワークブックは個々に取り組みます。
はじめに全体で内容をさらっと確認して個別の取り組みタイム。
やり方が分からないと混乱しますが、何をすべきか分かれば、みんな自分の力で頑張りたくなるもの。

全体活動も、、個別活動も、なにしろ1つ1つの活動に全力!
レッスン時間はいつもあっという間に過ぎていきます。
集中力あるな~と感心しています。

一旦集中モードになると、どれだけ声をかけてももう全く反応なしです。
ワークブックが終わらない場合、宿題にしたいところですが、そんな私の言葉は1つも耳に入らない様子。もくもくと、ひたすら真剣に取り組む姿が常です。
メリハリのある学習は良いものです。年齢が低くても、集中して取り組める時間がきちんと持てるもの。大事にしたい時間です。
さて、今回紹介した歌は、例年人気はありつつも、ちょっと手強い歌。
自宅でしっかり練習すれば、きっと堂々としっかり歌えるはず!
努力する→できた!→もっとがんばろう!
そんなサイクルが自然と身に付くことを期待しています。

NEWS

English Winter Camp 参加者募集。詳細こちら