小学生コース STEP2 新年度レッスン開始!

新年度!STEP2クラスは、進級メンバー3人に新規メンバー2名を迎え、5人でスタート。

分からないことだらけ。だから楽しい!

新年度、最初のレッスンが私は1番好き!その理由は
☆テキストに関する情報を、全員何にも持っていないから。

テキスト、ワークブック、CD等、新年度教材全て、初回レッスン前に渡さないようにしています。
新しいものって中身を見たくなりますよね。
絶対見ないでほしいから、初回レッスンの後半まで渡しません。
何も知らないから楽しい!
それを実感できるのは、1年に1度、初回レッスンのみです。

「この曲知らな~い」でOK!

62BD2F63-CCB9-49E2-A23F-0479CFA7EDE5

全く耳にしたことのない歌をいきなり流して、説明なく歌って踊る…
困惑の子供たち。それでいい!
聴いたことない、習ってない…でも、なんだか真似してなんとなく動いてみる。
フレーズはよくよく聴けば聴いたことがあるかも…そんなレベルで良いんです。
毎週毎週、説明なしで続けるつもりです。
きっと、肌で感じて分かるときがきっとすぐにやってきます。
そして、笑顔で歌って踊るはず。

You, Me, He, She, We!

2D4093F0-22D8-420C-8761-4BC16FB1CF3C

初回のレッスンで歌う歌は♪You and Me.

You/ Me /He/ She/We.

それぞれ何を意味するか、日本語で伝えてしまえば、すぐに済むことなんですが…。

肌で感じて、印象に残って、そしてなにより楽しいと思えて・・・・、そんな何かをしたい。小さい子のレッスンほど、そう意識します。

最初の方はハテナ顔だった子供たちですが、なんとなくを楽しめるのが子供たち!
そういうことかもな~って思って真似するうちに分かってきたようです。

英語で自己紹介

C602BF2D-9C77-43FC-BD85-477BA9E0850Eメインキャラが変更!名前はなんだろ~。
みんなでがんばって聞き取るのも、新しいテキストの楽しみの1つ。

メインキャラの自己紹介を聴いて、同様にみんなも自己紹介。

716F8FE9-AAA9-4652-91D7-0734B3AA6208

進級メンバーには簡単でも、新規メンバーにはドキドキの瞬間。
心臓が飛び出てきそうなほどの緊張が伝わります。

そんなとき、周りがきちんと待ってくれて、言えたことを認めてくれる、その雰囲気が自然とできています。
その空気、本当に大事。
がんばって言えた、その瞬間の表情はなんとも言えず素晴らしいものです。

宿題:CDを聴く、歌う、踊る⁈

F1A38823-5E8A-4A99-AAC6-F9414A6E7A08

You/Me/He/She/Weの歌をテキストで確認。
体を使って歌うと楽しいのに、テキスト見つめて歌うと…全く楽しくないのは私だけではないはず。すぐにでもテキストを閉じたくなります。
テキストは、おうち学習用。
レッスンでみんなで楽しかった記憶を持ち帰って、自宅で練習してくること、が宿題。

「踊るのも宿題?」という可愛い発言有り。そうだね、踊ると宿題も楽しくなるね!

Attendance Card:英会話チャレンジタイム

CB977696-386F-4C4C-8FCF-23E02AF86060

新しい出席カード!どんなふうに使うの~??

出席のチェックだけではありません!
簡単な英会話にチャレンジして、答えることができたらスタンプを押します。
*What’s your name?
*How old are you?
*What is your favorite fruit?   etc.

今後学習が進むとともに、質問も増えていきます。
1年を終えるころにはたくさんの質問リストの中から厳選して10個程度の質問に絞るようになります。
まだ、ぎこちない今が懐かしく思い出されるはず。

Activity Book: What color⁇

F24FF9C2-A07E-4C8A-BC52-DDBF41000111

子供たちが1番最初に認識する単語は多分 ”色”。

例えば、赤色を提示して What color?と尋ねたら、red!と即答できるので、今回はその次の段階を目指します。

☆文字を見て色が分かる。

851329DD-B1C5-4BB7-B9C1-2775A46FD9E4
文字をじっくり見る、そして、それが何色なのかをたずねる。
大人が思うよりも時間はかかるものです。
「ほら、ここみてごらん、pがあるでしょ。ピンクのPだよ」なんて、親子であれば手っ取り早く説明したくなるかもしれません。
大人にはもどかしく感じてしまう…それくらい、じっくり時間がかかる活動。

C3AF6C14-7C3F-4B54-BBBC-41B554D7F817

レッスン時間内に全部終わらせようとすると、気持ちが焦ります。
1回で終わる必要はないので、やれるところまでやる。残りはまた次回。
それくらいのゆったりした気持ちが大事だなと、数年の経験が私に気持ちのゆとりを与えてくれます。

じっくり、ゆっくりでいい。

英語を教科として意識してしまう前。今、この時期に、時間にとらわれずにじっくりと身に着けた力は、その後必ずメキメキと力を発揮します。
結果を焦らず、子供たち自身が肌で感じて身につける学習を大事にしたいものです。
一方的な詰め込みにはならない、自分で感じる学習、それができる子供たちは幸せです。

小さい頃から学習している子は、ゆったりとした雰囲気がずっと続いていきます。突然詰め込まれた知識ではなく、身近に感じる言語という認識。その気持ちのままこれからも英語に触れてほしいと思います。

スタートしたばかりのSTEP2クラス。1年の学習を経てどう成長していくか、ブログを通して感じていただけるかと思います。新たな1年!今年度もよろしくお願いします。

 

NEWS

English Summer Camp in Hakuba 2019 申込み締め切りました