中学生 STEP7 英語を英語で理解する

4月に入りSTEP6→TEP7へ進級。
6年前、Sunny Englishはこのクラスメンバーから始まりました。
子供たちの進級=私の進級

新たな1年のスタートを強く感じます。

NEW TEXTBOOK/Learning World BRIDGE

STEP7で使用するテキストは、これまで学習してきたSTEP1~6の復習。
分かっているようで曖昧だった理解を確実にしていきます

文法語句は使わない!

テキスト開いて驚くのは…”日本語解説がある”こと。
日本語で解説はしたくない!だから、このページは「開かない、読まない、使わない!」ことに決めました。

33180131-A678-45F0-A47A-090D95C597E0

今回はいわゆるBe動詞の学習。しかしもちろんBe動詞とは伝えませんし、肯定文、否定文、疑問文…という説明もしません。
文法用語を使うとどうしても解説的になってしまい、その途端つまらない空気になることが予想されます。
子供たちのワクワクした顔が見られないレッスンは本当に嫌なんです。

文法語句は使わずに、みんなが知っている知識、感覚で復習。
どうやって?と言われると説明は難しいので…良かったら見に来てください^_^

Activity: Who am I ?でBe動詞を意識

今回の学習ポイント(Be動詞)を把握したら、いよいよ新しいテキストが子供たちの手元に!

早速こちらのページでテンション上がります。これまでのテキストに登場したキャラクターが集まっています。
↓「懐かし~!!!あ~…だれだっけ、この子!名前が思い出せない~!!!!」

6561E5C6-BA4D-4157-82ED-94A9BFE76C98

<Activity内容>キャラクターを1人選び、その情報をみんなへ伝え、何番の人物かを当てる
代表者:Who am I ?
I am a girl.
My shirt is yellow.
My hair is black. etc….
DE556AF4-A07C-4CC7-9A4B-37AA16EAD77F

Student: Are you No.9?
代表者: Yes I am.

Teacher: What’s his name?
S:I know・・・・・・but I forgot!!!
S:Tell me 1st letter!
S:Is he Tomoya???
T: Yes , he is!

この活動、思っていたよりもBe動詞使用頻度が高い!
そして、今まではYes, Noだけでも良しとしていた部分を、今回はきっちり意識して言うことで、理解を深める時間となったはず。

自主学習タイム

STEP7では自習タイムを設けることにしてみました。
学習した内容の復習として、テキスト内だけではなく、ワークブック、ミニテストなど取り組む課題がとても多いのもSTEP7の特徴。

F404FB4B-1BC7-4518-B3B5-B48AF15B4E3B

自習タイム中、私は個別にリーディングをチェック。 →リーディングについてはこちら

↓手前の子がリーディング中。ほかの子たちは自主学習。真剣!!

F43BEBFC-319E-4F1F-85A3-59C8DB6EDAF7

学習内容が理解できていないと自主学習が難しくなります。
理解しているから、自力で取り組めるものです。みんなの様子を見ると、今回の学習内容は理解できている様子。
理解できていない場合、友達に尋ねたり、私に質問することもできるので、分からないまま放置する状況は防げます。

中学生は、学校の宿題、塾の宿題、部活などで自由な時間が本当に足りなくなります。
だから、なるべく宿題にはさせたくないな、と思っています。この時間内に終わらせられれば宿題はなし。(テキスト音読だけは日々の課題です)
子供たちも、宿題を自宅に持ち帰りたくないから必死です。
宿題にならないように、と集中するこの時間が多分一番力がつくはず。

中学生の英語学習

STEP7に進級するにあたり、不安がありました。
それは、
「中学生になって、塾に通う子が大半である状況の中で、果たしてSunny Englishに通う子が何人残るのか?」
ということ。

塾で英語を学習するようになれば、もうSunny Englishとしての役割は不要という判断はもちろん有り得る、と覚悟していました。

結論から言うと、1人をのぞき、他全員がSTEP7へと進級することになりました。(1人は今年6年生。中学受験勉強のため中断。)
さらには、受験勉強で一時お休みしていた子も戻ってきてくれ、さらに新しい仲間も増えました。(上記、中断した子も来年戻ってきてくれるとうれしいな、と思っています)

一部の保護者の方からうかがった話では、
「子供自身が通いたい、というので」
と継続を希望してくれたようです。

通いたい、という子供たちの気持ちを大事にするレッスンを提供することが、Sunny Englishの役割。
中学校の英語とも違う、塾の英語とも違う、Sunny Englishにしかできない英語学習を提供しようと思っています。

知識がどんどん増え、理解力もぐんぐんアップしていく中学生。
できることが増え、ますます英語が楽しくなるはず。

SRTEP7の保護者の方のみならず、STEP1~6の保護者の方も、いつでも見学可です。
Sunny Englishの最高学年の子供たちがどんな学習を行っているか、お子さんが数年後にはこんなふうに成長していくんだな、と感じる機会にもなるかと思います。いつでも見にいらしてくださいね。

 

 

 

NEWS

English Summer Camp in Hakuba 2019 申込み受付中!