小学生コース STEP2 学ぶのは英語だけではない

知らない曲をいきなり流す!
♪Hokey Pokey
え?知らない・・・どうするの?という表情。
そして、私の動きを見てみんな爆笑しながら同じように踊り始める!
絶対同じ大人から見られたくない…そんな弾ける私です。

とにかく笑顔!明るい気持ちでスタート!

楽しく体を動かしたら、真剣モードで既習フレーズのチャレンジタイム。
習ったフレーズは必要性を感じながらどんどん使いたい!
Einie Meenieや、英語じゃんけんを盛り込みながら、なるべく自然な流れでたくさんのフレーズにチャレンジ。勉強なんだけど、やらされてる感が極力少ない状況が理想。楽しい中にやってみたい気持ちが自然とうまれる、そんな時間を共有したい!

復習:1~10チャンツ

前回新しく取り入れたチャンツ♪1friend,2friends・・・。本当に本当にシンプルなチャンツなんですが、子供たちは大好き!
1~9までの真剣な様子から一変”10 friends.wow!”で必ず盛り上がり、なんでもやりたくなる!

みんなで協力する”チャレンジタイム”

チャレンジタイムは個々の取り組みのため、自分の番ではない子が退屈したり、他の子とおしゃべりしたり・・・という状況になりがちです。
静かに待ってなさい!なんて言うのも無茶な話。
その時間をどう過ごすか、これは年齢が低いうちから意識して習慣付けることが大切と思っています。
自分のチャレンジが終わったら関係ない、のではなく、ちょっと苦戦しているお友達を助ける!ここで大事なのは、優劣を感じさせないこと。最初からペアを組ませて一緒に頑張れたらチャレンジしてみる、とか、なかなか言えない部分をどうやったら言えるか、周りの子と相談してみようと持ちかけたり。


認めあえる仲間との出会い

クラスの仲間はこれからも長く一緒に学習していく大事な存在。
お互いを理解し合い、認め合い、助け合える関係を築いていってほしいもの。
それは「そうしなさい!」と言ってなれるものではもちろんありません。

・得意なこともあれば不得意なこともある。
・自信があることもあれば、自信がないこともある。
・練習してきてばっちりなときもあれば、練習できていなくて心細い日もある。

その日、その状況に合せて、友達と協力しあうことで少しずつ積み上げられていくもの。

できないことに卑屈になることなく自分を認める。
人の良さをねたむことなく、良い点として受け入れる。
人には人の良いところがあり、自分には自分の良いところがある。
そんな互いを認め合える関係は小さいうちからきちんと伝えていきたいこと。

年齢が上がっても、クラスでワイワイと楽しめるのは、やはりお互いを認め合える関係だから。英語も大事。しかしその前に自己肯定感を高めることと、他を認める気持ちをもつことはとてもとても大事。 

縁あって出会った仲間
英語だけでない、たくさんの学びを共有していきましょう!


NEWS

English Winter Camp 参加者募集。詳細こちら