This is ~’s cap!

前回STEP3クラスで導入した”Whose is this?”と”Is this yours?”の続きが今回のレッスン ≫前回の内容はこちら。
今回はこちらの紙↓を使用して復習を行いました。
目的としては
*上記のフレーズを使うこと
*”名前’s”(例えばYoko’s)を意識すること

CF72505F-1E22-4375-B2A6-66A086E0138C

↑T-シャツ、キャップに好きな色を塗ります。もちろん、前回の活動同様、みんなには内緒で色塗り。隠れ場所を探します。
↓なるほどすごい!よく見つけたな・・・・EC0E2BB8-F499-4961-B63D-E08620020B48

ここは、絶対いつも誰かのお気に入りスペース。くつろいじゃいます。8FCC7E02-6CB0-429F-989E-905A4D591B10

別の教室でもこんな感じ。机の下って落ち着くのかな。F02DF755-F733-4E06-950B-2769D0CD9E06

色を塗り終えた紙を手に持って
“Is this your cap?”
とひたすら聞いてまわります。9292F6A9-4B9E-4FEB-B94B-D6D80E736854

見つかるまでどんどん質問。でも人数が多くて、あれ?誰に聞いたかな、と何度も質問する姿が見られます。
別曜日から振り替え参加している子がいると、名前が分からないということもあります。→What’s your name?も大事なフレーズ。必要があって使う!良いですよね。D7C55A2D-E02E-4750-B865-B33591D067F1

“Is this your cap?”と質問しても、なぜか全く描いた人が見つからない・・・・ということもあります。
そんなときは”Whose is this?”が役に立つ!
どちらも本当に便利なフレーズ。
持ち主を見つけたら、用紙に ”名前’s”  と記入。そして、名前を書きこんだ”お友達の絵”をみんなに紹介。

5C451EE1-DC04-4532-97A7-1573FA3A14EF

“This is 〇◯’s T-hirt.”
“This is 〇◯’s cap.”8A0E805C-4668-43D6-9871-AD5808064AFF

いつもは、自分の作品を紹介していますが、今回は友達の作品を紹介。ちょっと違う形式に戸惑います。自分のものを紹介されるのもいつもと違うドキドキ。

7A2CFAB6-674A-475E-820E-6C3E5657301F

今回の ”◯◯’s”ですが、前回のレッスン時に導入は済んでいました。
その際、説明はせずにCD音声を流し、さらっと ”Sara’s” とホワイトボードに書きこむと、即、
「え???なんでsがつくの?Saraは1人なのに!!!」
即座に突っ込むくらい”S”は複数を表すものだ、の意識が定着しているということに、まずは感心。
そして、その意識が強いからこそ、今回の “Sara’s” がとても新鮮に感じられたようで、あっという間に覚えられました。
”s”の前に→’ がなかったら分身の術!!!
という言葉で大笑い。ある子が「”Yokos”なら先生だらけ!!!」笑顔になります。

こういう笑いがあったこと、印象に残ったことはなかなか忘れません。中学になって、教科になってからではこんなふうに楽しむ余裕はありません。「教科としての勉強になる前に」なるほど、そうか、楽しいなと思える学習にみんなで取り組んでいきたいです。

 

 

 

 

NEWS

English Winter Camp 参加者募集。詳細こちら