小学生コース STEP6 〇>〇>〇>〇

STEP6で最近学習したのがタイトルが表す内容。
より大きい、より小さい、一番大きい・・・・
文法用語でいえば”比較級、最上級”です。
参考書でこれらを文法の1つとして調べると、なんとも難しく長い解説がズラズラっと載っていますが、そんな解説がなくても子供たちは簡単に理解し、それを楽しく使って活動できます。

 〇>〇>〇>〇でクイズ

クイズを作ってきてもらいました。いくつか紹介します。こちらは”国の面積”の大小↓

1番大きいのは…?1番小さいのは…??

Q: which is the biggest?

「えー!どれだろ〜!」それぞれの国の大きさってどんなだっけ?案外分からないもの?!私もけっこう間違えてしまいました!

こちらは新幹線の長さくらべ↓

新幹線詳しくないからな〜…でも、予想するのが楽しい!

答える側も、”I think…かがやき is the longest.”など、比較級、最上級を使います。最初は英語のフレーズがぎこちなくても、いつの間にかサラッと意見を言っています。
I think こまち is longer than はやぶさ!
I think はやぶさ is longer than こまち!
みんなでわいわい意見を言うときは、”言わされている”感じがなく、本当に自然!

こちらは人口の多さ比較。

大人には分かりやすい?!子供には…難しいかも!

クイズに対して、「どう思う?」「なんで?」「私はこう思う。だって〜だから。」と意見交換の場があることも素晴らしい!
英語で言えることだけが大事なのではなく、自分の考えを言える人、人の考えを聞くことができる人になることも私の大事にしているポイント。

こんなクイズも出てきました。↓さっぱり分かりません…。言葉さえ分からない。ピコ…?

単位の大小。

全員が全く分からない状態だったので、まずは相談。
「それぞれ、聞いたことある?どこで?いつ?」
「その言葉から何をイメージする?」
投げかけると、みんなが思ったことを言っていきます。
誰かからなかなか説得力のある意見が出て(←忘れちゃったのが残念・・・・)、全員で「じゃあ!これがきっと大きい単位!」など意見がまとまることもありました。
実際は違ったとしても大盛り上がりです。全ての答えが出たところで、それぞれが一体どんな単位か紹介してくれました!

前向きに取り組む姿勢

上述した”単位問題”の子に限らず、今回クイズを作るにあたり、答えを調べて説明できるように準備していた子が多かったこともステキな点です。みんなからの質問に、それはこうだよ、と答えるところまでバッチリ!!調べたけれど、説明するところまで用意していなかった子が残念がっていましたが、がんばって調べたからこそ出来上がった問題ばかり。その点はきちんとみんな理解できています!

宿題としてこのクイズを出したとき、多くを要求したわけではありません。
「クイズ作ってきてね」というだけでした。
が、いざクイズを始めてみると、どの問題も単純なものはなくしっかり調べてきたことがよく分かるものばかり!
宿題だからやらねば、と思えばそれまで。しかし皆が楽しむ気持ちを持って調べてきてくれたことが伝わる、”単なる宿題”を超えた内容であったことが嬉しく思えました。

現STEP6の子供たち、ここまでくるのに・・・それはもう!いろんなエピソードがあります。今現在在籍しているのが不思議なほど私にこっぴどく怒られた子もいます。
どんな通過点があったにせよ、今目の前にいる子供たちみんなが私にとって大事な子供たち。
今回のクイズだけではなく、1つ1つの課題(宿題)に対し、きちんと考えて取り組む姿勢、自分なりに考えて工夫する1手間、自主的にチャレンジする気持ち、そんな”私から与えられた課題”以上に自主的に取り組む子供たちに成長したことが心底うれしいです。
そんな成長があるのはやはり小さいころからの積み重ねあってこそ。
英語学習を始めるのであれば、是非、”教科としての英語になる前”をおすすめします。
と言いつつ・・・・現状Sunny Englishに空きはありませんが・・・お問合せ質問等はいつでもお受けしています。



NEWS

English Winter Camp 参加者募集。詳細こちら