元気に手が上がる子供たち

2,3年生のSTEP3クラス。時間の学習にはいりました。

87C661F6-F893-4F71-9F1C-B8DD8202EE6F

“what time is it?”の質問に、"It’s 1 o’clock.”と元気に答える子どもたち…可愛い!!!英語で数字を言えれば、時間は簡単!テキストチャンツ同様、手をたたいた数をチェックして、何時を表すかを当てるクイズを楽しみました。(3回手を叩いたら3時)。分かりやすい問題からスタートして、リズムをアレンジして分かりにくいものも出題。でも、私だけクイズ出すななんて…ズルイ!よね。もちろん、子供たちからも問題出してもらいます。
“Let me try!”どんどん手が挙がります。F071E3D0-1F86-4A09-8A1F-1FEA9B3FC71C

最初は手が挙がらない子も…内心やりたい気持ちはある…そんなものです。もちろん、絶対やりたくないという子には無理強いしません。が、どの子も実はやってみたい!
“who wants to challenge next?!”
手を挙げようか…やめようか…悩む子がチラホラ…。決して”誘導的”ではなく、やりたくない子を無理強いする気は全くありません。やってみたい、やってみようと思うときだけ対応します。ですが、最終的に全員チャレンジ。
やりたい!本心で!本当に!その気持ちが大事。
もし、”どうしてもやりたくなかったら無理はしなくていい”、と思っています。私自身が子供のときそう思っていたから。大人からしたら…ちょっと面倒な子供だったかもしれませんが、やりたくないことはやりたくない、それを受け入れてくれる存在が欲しかったのも事実。子供たちが大人からコントロールしやすい存在になる必要はないはずです。

そんな話はさておき、子供たちは積極的。その積極さが私には…羨ましい!頼もしい!素晴らしい!決して無理はさせない、けど、頑張る気持ちは絶対応援する。やりたくない子は、やりくなったときをいっぱい応援します。やってみたい、やってみよう、やってみたらみんなが認めてくれた!そのとても大事な自己肯定体験を、英語力とともに積み重ねて成長していく姿を毎レッスン見守れることは、この仕事をしている私の特権です。

What time~?の答えとして、きっかりの時間だけ今回学習しました。

8AE0EE6D-6608-4E1F-A7EE-F07909038326

そしてちょっとした英語らしい言い方!?について押さえました。おうちでかっこよく英語らしく発している様子に気づいたらたくさん誉めてあげくだいさいね。

 

NEWS

☆ブログ更新しました
「分からない」。そのときどう行動する?(2022/08/18)

次の記事

How many〜do you have?