小学生コース STEP5 英語の物語を読む

STEP5 最終学習ページがこちら。

0C4F3174-4CE6-4563-8C76-0396670D3950

いつものような会話文やチャンツではない”story”。その中にこれまで学習してきた内容が盛り込まれています。どう扱うか悩むところ。

storyを知る

6つの場面絵カードを1人1枚持ち、CDを聴いて、順に並べていきます。

44FB1095-ADAD-46BD-87D7-36686D609FC6

並べる→再度CDを聴く→順番の確認→聞き取れた単語の書き出し

Q: What words did you catch?
場面単位でいろいろな単語がでてきます。

*elephant ,walk, hungry
*nice, apple , tree
*tall, big,climb

5DE53F89-D992-4085-B3ED-8E7DD9478AA4出てきた単語をもとに、全員で、内容を捉える作業。

こちらの絵に対して、先程出し合った単語はtall, big, climb.569BDBF7-A3AD-4AD3-8B66-49E4B1DC647B

子供たち: An elephant climb tree.
私:He climbs a tree???

と強調すれば、”not climb “だ、という気づきがあり、さらにもう一度CDを聴くことで、canに気づく→”can’t climbだ!”

英文作成

普段ならば、ここでテキストを開くタイミングなのですが…、

英文を見ながら読むだけだと、意味や、文の構造など全く意識しない”単なる音読”になるので、穴埋めのワークシート活動を行なってみました。

例えばこちら。

an elephant  (        ) (                ).

先程みんなで出た単語”walk”をカッコには入れますが、is walkingになることの意識が必要→進行形。

BE850BC9-C11B-4308-BFA6-0394CB824A0E

みんなで出し合った単語をもとに、正しい英文にしていく。そのためには、これまでに学習した知識が必要。

A496153E-BDB1-4762-8DDA-396171704BE4

集中力をかなり要するので、集中が切れないようにサクサクと取り組みます。
あまり深追いはせず、内容把握と本文作成まで。

音読練習は自宅にて各自取り組むこと、が宿題。
このページは歌でお話を読む(歌う)形式になっているので、普通に音読するより耳馴染みが良いのが特徴。
レッスン内に聴いた数回で大体口ずさめるようになりました。歌の威力はすごい。

翌週レッスン

翌週、前回同様に絵カードを並べ、内容確認。

A537C76A-8BB2-40A6-9853-C34F827965CB

自宅で練習してきているので、前回と違って、CDを聴かなくてもフレーズ(単語ではなく)が出てきます。

前回は集中力が切れないようにサクッと進めましたが、2回目は意識すべき点を追加。
*findsなどの”s”が抜け落ちないこと

高学年になると、伝えたことへの対応が速い!意識することですぐに実践できます。

チャレンジタイム

チャレンジタイムとは、学習したページを言えるようになったかを確認する時間。
このチャレンジに対する合格は2段階。(学習した翌週以降チャレンジ可)

1回目: 合格したら青シール
2回目:(1回目後、翌週以降)合格したら金シール

チャレンジすれば必ず合格というわけではなく、合格基準があります。
今回、初回の青シールチャレンジとしては、全員合格!のレベルでした。

が、本人から辞退される、というケースもあります。
*納得するほどできなかった。
*実はそんなに練習していないから、今たまたま出来てしまっただけ。シールはもらえない。(もらいたくない)

など、それぞれに思うところがあるようで…みんなが合格シールをもらう中、要らない、次頑張る!と言う子たちの気持ちには感じさせられるものがあります。自ら断った子は、必ず次回、誰よりも頑張ってくるものです。やはり、みんながもらう中もらわない悔しさがあるものです。

1人1人の成長を感じるSTEP5

今回取り上げた学習ページは、”テキスト終了テスト”項目のひとつ。

初めてこの物語を取り上げたレッスン時は、集中力使いまくって疲れて、「無理だ〜…」なんて言ってた子供たちでしたが、1週間の練習結果バッチリ仕上げられた達成感からか、「テキスト終了テストでこのページをやりたい!やらせて!」という声が数人から出ました。

小学校入学前後、そんな小さい頃から一緒に過ごしてきた子供たちが今STEP5(小学4,5年生)に在籍。
英語に触れはじめたころ、チャレンジタイムで
・合格できなくて涙し・・・・
・合格させてくれない私に怒り・・・・
・まじめに取り組まないことを私から怒られ・・・・

いろんなエピソードのある1人1人。
STEP5となった今、”あっという間に習得”→”すぐに言える!”ようになり、プラス頑張る気持ちも身につけている!

子供の成長には日々感動しますが、長い期間で思い起こせば、さらに感動は深まります。

英語を学ぶということ

英語の学習は教室に通わなくても、いずれ義務教育の過程で学ぶ機会はもちろんあります。
しかし、そのとき、「教科」としてしか英語をとらえられないのであれば、とても残念です。

Sunny Englishの子供たちにとって、英語は学習・習得するものでありつつ、その習得した知識を使ってコミュニケーションをとる手段であることを知っています。

英語は、点数を取るために勉強するのではありません。
いずれ点数を意識しなくてはならない時が来るのは事実ですが、そこがゴールではありません。
将来、英語をコミュニケーションのツールとして使っていくことこそが大事なこと。

避けては通れない受験のためだけの英語学習に縛られることなく、「使うための英語」を意識した学習をしてもらいたいと思います。

英語が「勉強」としかとらえられなくなってしまう前に、英語に触れてほしい!
断然おススメしたいSTEP1クラス(対象:小学1年生前後)。5月に開講します。
体験レッスン、STEP1クラス概要はこちらからどうぞ ≫ 小学生コース STEP1クラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEWS

English Summer Camp in Hakuba 2019 申込み受付中!