” a “in the middle

ABCは、エイビーシーではなく、アブク。STEP5クラスの子だちは「フォニックスはこれまでたくさん取り組んでいるから余裕〜!」って様子ですが…

今回はどう??

これまでは、apple ,antのようなbegin  with “a”のパターンでしたが、今回はcat, matのような”a” in the middle.のパターン。

EAE8650C-4AD8-4855-B205-355AE0F8C64D

a,e,i,oまではけっこう順調ながら”u”はどうしても”ウ”と言っちゃって、”あ〜…”って笑いが起きます。

begin with”a”ならスラスラ歌えたのに!もちろん!新しいバージョンにチャレンジしたくなります!

さて、文字を見ながら読むことの次は、耳で聴いて理解度チェック!

623F30B1-5BBE-407B-835B-823DEE165165

“map or mop?” あれ???

“pen or pin?”  どっち???

そんなざわざわがあります。簡単そうでいて、案外混乱気味な様子。

E4CD7BFB-3655-41ED-A1FB-8E351FE32972

この問題プリントは、テキストをそのままコピーしたもの。テキスト見ながらチャンツを聴けば特に難しくもないし、あっさり理解できます。が、同じ内容でも、情報(テキストの文字)を隠すことで子供たちが真剣に集中して取り組めます。そして印象にも残ります。

この週の宿題は、上記2つの歌、チャンツをしっかり練習してくることでした。さて、翌週レッスンにて復習タイム!CDを聴いて、みんなでカードを順に並べていきます。「1回で完成させたい!」真剣な子供たち。

52209061-579D-40C9-9C19-D6C855137319

完成すると、どのクラスでも達成感の笑顔。その後は1人1人歌とチャンツにチャレンジ!みんなで歌うと元気でも、1人となるとちょっと自身がなくてモゴモゴ…。

STEP5クラスともなると、チャレンジタイムはいつも余裕。サラッと合格しちゃいます。が、今回は手強い!いつものようにスムーズには合格できず、必死に練習する様子が見られました。

ワイワイするときは大いに盛り上がり、真剣に取り組むところは集中!切り替えて取り組める子供たちはステキですよね。今回は、いつも以上にそんな姿が見られる回となりました。

次回ももちろん!チャレンジタイムあります!「スラスラっと言えるようになった!」と笑顔いっぱいの子供たちにお盆開けに会えますように。

 

 

NEWS

☆ブログ更新しました

2022英検団体受験 終了しました。
今年もみんなと学びの多い英検期間でした

2022/11/24更新

前の記事

Do you have~?

次の記事

between A and B