小学生コース NEW STEP3クラス 初の英語発表!

この4月からスタートした新規STEP3クラス。
先日2回目のレッスンを終えました。

DD5DBF4C-B275-4C92-B14F-9509D29F73B6
緊張感が伝わる新しいメンバーと、1年の学習を経て自信のついた既存メンバーが混在。
新メンバーの緊張をほぐしてくれる既存メンバー。
緊張の中にも笑いがある、ほど良い雰囲気で進んでいます。

STEP3の特徴は?

新しいテキスト、最初のページはこちら。自己紹介。

STEP1,2では体を動かして英語の音やリズムに親しむことを大切にしてきましたが、STEP3は、本格的に英語を学習するスタイルとなります。

テキストを開いて文字を意識することになります。
大事なルールは
*読みながら、指で文字を追うこと
習慣になるまで、何度も何度も繰り返し伝えます。

19904CCA-38C4-47E0-9BC5-4E698C985517

指追い読みにはメリットがたくさんあります。
耳を頼りに学習してきた形態から、文字を意識する形態へ。

読む力、書く力、音と文字の結びつき、音だけでは気づかない細かい点がインプットされ、文法面での知識も身につきます。

英語で自己紹介 : 人前に立つ勇気

テキスト本文をしっかりと読み込む理由は、その先に自分の言葉で表現できるようになるため。

今回の学習ページを読み込んだら、もちろんその次には、自己紹介が待っています。

FCD3FA36-CEE0-4234-BF5F-AA697F82007D

「人前で発表する」

私が子供のとき”本当に嫌だ!!!”と感じていたこと。
それを今、子供たちにやろうというのは何とも酷な話だと常々思っています。

特に新メンバーにとっては、
人前 + 英語 →過酷。
だから
絶対に無理強いはしない、と決めています。

*自分がやれるところまでがんばろう
*みんなと同じだけできなければならない、というものではない。
*今でなくても、やれると思ったときにチャレンジすればいい。

そういう考え方です。
甘いのかもしれませんが、経験上、無理強いされることほど辛いことはないと思っています。

初めての発表となると、今回に限らず、顔がこわばったり涙目になったり、という状況は起こりえます。
そんなときは、やれる範囲で頑張ればいい、と伝えるようにしています。
今できるベストを出せたらそれでOKなんです。

今回、そんな私の言葉に対して勇気を振り絞り、みんなと同じように人前に立つことを決心した、新規の子供たち。
その姿に私の方が涙しそうでした。

09466976-A73C-490C-BF92-8F23BB61E1A7

がんばろう、と思う気持ち。
そして、頑張ったことに対して温かく受け止めてくれるメンバー。
きちんと受け入れてもらえる安心感があるから、これからも勇気を持ってチャレンジできるものです。

☆人の発表は必ずきちんと聴くこと
☆発表に対して温かい拍手をおくること
これは、聞き手の絶対ルール。発表する人の頑張る気持ちはみんなが理解できているからこそ、聞く側も温かく見守る、応援する気持ちが大事。

さて、子供たちの発表は基本的に動画撮影するようにし、レッスン後に保護者のみなさんへ送信します。

が、これも、子供の承諾があったときのみ。
承諾なしに送信はできません。

発表時点で動画撮影することはOKか?
撮影した動画を保護者へ送信していいか?

必ず子供たち1人1人に確認をとります。
おうちの人に見せることだって子供には大きなチャレンジなんです。

今回、全員からOKをもらえました。

動画を送信する際、なるべくコメントを添えるようにしています。
その場にいた人にしか分からない、1人1人の努力。
発表の一部だけを切り取った動画だけでは、その全てを伝えることは不可能

だから、少しでも伝わってほしくて、コメントを加えます。

今回の発表、
私は本当に本当に感動しました。
既存の生徒さんに対しては、これまでの積み重ねがしっかり活かされる出来であったことが何より!
堂々とした姿勢。
ものおじせず、どんどんチャレンジしようとする気持ち。
フレーズを暗記して臨むのではなく、確実に自分の言葉として言えていること。

28497465-4C20-494C-8A4F-6E96D9FD20B5

そして、そんな落ち着いた既存生徒さんのゆったりとした雰囲気のおかげで新規生徒さんの緊張がほぐれたたのは間違いありません。
ピリピリとした雰囲気はなく、「できなかったらどうしよう~」ではない「あ~まちがっちゃった~。またやってみよう」という何度もチャレンジしてみればいい、という認識。間違うことに対して誰も攻めないという安心感。

32948D41-EE32-41A9-B94E-FE7FDB3075B4

失敗したって笑顔でまたチャレンジしてみる。
とにかく手を挙げてみる。
そんな前向きな空気感は、やはり、これまで努力して自分のものとしてきた既存の生徒さんにしか醸し出せない貴重なものです。

おうちの人に見せる子供たちの本心

発表動画を保護者のみなさんへ送信すると、返信をいただけることが多々あります。

<既存生徒さん保護者様より>
*声も大きくて、上手になったと感じました。
*帰宅時に「発表が上手にできた!」と言っていました。

<新規生徒さん保護者様より>
*緊張していても発表ができて良かった

教室にいるときの子供たちの本音は私にはなかなか分からないものです。
*緊張しまくってイヤな気持ちになってないかな?
*とても上手にできていたけど、自信がついたかな?
私には予測することしかできません。

子供たちが、おうちに帰って家族に話すことこそが、子供たちが心に抱いた本当の気持ち。
その気持ちを家族が受け止めてくれる、聞いてくれる時間があることがとてもうれしいです。
子供の話に耳を傾け、受け止める、その時間があるから子供たちはまた次も頑張りたいという気持ちなれるものです。

大きな1歩

新規生徒さんにとって、初めての発表を自分の力でやり遂げたことは、本当に大きな意味があります。
このチャレンジがあったことは、必ず次の発表に結び付きます。

既存生徒さんにとって、新規生徒さんの前で”経験者”として発表をすることは、無意識ではあるでしょうが”自分はできるんだ”という表現の場になっているはずです。既に経験してきっとできる、という自信を持って臨む発表の場は、過去の発表よりもぐっと完成度の高いものになっていたのは間違いありません。

発表機会が本当に多い!
それが使用しているテキストの特徴。
年度始め、全員が気持ちよくスタートを切れたことがうれしいです。
今回の発表は必ず次の発表につながる!
成長が本当に楽しみなNEW STEP3クラス。

今後もブログでその成長をお伝えしていきます。

☆今回紹介しましたSTEP3クラスは定員の対してあと1名参加可能です。
水曜 16:30~17:30/瑞穂教室
対象:小学3,4年生
英語学習初心者のお子さんも、今なら4月から学習スタートした新規メンバーとともに英語に取り組みやすいです。
体験レッスンはいつでも参加可です。 ≫体験レッスン申込みはこちらから 

 

NEWS

English Summer Camp in Hakuba 2019 申込み受付中!